おすすめサイト&記事

はたらく魔王さま! (3) (電撃コミックス)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

はたらく魔王さま!SS 恵美「真奥がより魔王らしかったら」

maou.jpg


■注意!

・2ちゃんねるのSSです
・キャラ崩壊。だがそれがいい。


サタン「所詮勇者などこんな者か・・・」

アルシエル「しかし魔王様、この勇者に三人の悪魔大元帥がやられたのも事実」

サタン「確かにな・・・そうだ勇者エミリア」

エミリア「はぁ・・・はぁ・私はまだ・・・まけ・・てない」ゼーゼー

サタン「そうか、なら今回はお前の勝ちと言うことにしておいてやろう」

エミリア「え!?」




アルシエル「魔王さま何を!」

サタン「聞け!人間共よ!」バサァ

サタン「今はこの勇者エミリアに免じてこの地をおまえ達に預けよう!」

エミリア「なにを・・・言ってるの?」

サタン「しかし、俺はいつの日か他の世界を征服しここに舞い戻ってくる!」

サタン「さあ一時の安寧を楽しむがいい!魔王サタンという恐怖に怯えながらな!」


そして何ヶ月後かの日本

芦屋「魔王様・・・お言葉ですがもう少し計画的にお金を使われては?」

真奥「あぁ?別に充分計画的だろ?」ギロッ

芦屋「別に文句を言っているわけではないのでそう睨まないでください」

真奥「まあ言いたいことは分かるがな」

芦屋「魔王さまそろそろバイトの時間では?」

真奥「あぁそう言えばそうだな・・・」


芦屋「今度は店長を殴り倒してクビなどということは無いようにしてください」

真奥「は!人間ごときがこの俺に指図しようとするのが間違っているんだ」

芦屋「はぁあれだけ大見得切ってエンテ・イスラを放棄しておいて・・・」

真奥「それは言うな・・・俺も予想外だったんだ・・・」

芦屋「・・・」

真奥「・・・行ってくる」

芦屋「雨が降るので傘を持っていってくださいね」

真奥「ああ」カンカンカン


ザーザーザー

真奥「チッ、降ってきやがった」

恵美「あーもうなんで降って来るのよ・・・」

真奥「・・・あれ?」

真奥(あっ勇者だ・・・どうしよう)

恵美「???」キョトン

真奥(あっそうかこっちの姿は変わってるから分かんないのか・・・これは好機!)

恵美「な、なんですか?」タジッ


真奥「フフフ・・・覚悟!」カサフリカブリ・・・ブンッ

ガンッ

恵美「ッ・・・いきなりなにすんのよ!」

真奥「はははははは!駆けろデュラハン号!」ビューン

恵美「・・いきなり傘で殴られるなんて、意味が分からないわ!」イテテ

恵美「あいつ何処の誰だか知らないけど絶対に許さない!・・・まあ傘だからそんなに痛わけじゃないけど・・・」ヒリヒリサスサス


マグロナルド

真奥「フフフ、あのアホ勇者め俺の恐ろしさが少しは理解できただろう」ニヤニヤ

真奥「・・・しかし、世界を超えてまで追い掛けてきたとなると・・・フッ」

千穂「あ、あの真奥さん・・・そろそろ時間ですけど・・・」

真奥「あぁん?」ギロリ

千穂「ヒッ!な、なんでもないです・・・はい」シュン


千穂(こ、怖いよぉ。なんでこんな人が働いてるのぉ)

真奥「ああ時間か・・・仕事はしっかりしないとな。なぁ佐々木」ニヤニヤ

千穂「は、はい!」ビクッ

真奥「芋蒔きはいい加減にしようなぁ」ギロッ

千穂「は、はい」ガタガタ


テッテロレテロレ

真奥「あーだるっ・・・っしゃいませぇ」

木崎「あ、真奥くん少しいいかな?」

真奥「あ?」フリムキ

木崎「!?」ビクッ

真奥「なんすか?」

木崎「あ、あの言いにくいんだが君の接客態度にクレームがついてて・・・」

真奥「まさかクビですか?」ギロリ


木崎「い、いや。そういうわけではないんだけど、もう少し笑顔を意識して」

真奥「笑顔・・・」

千穂「やめてください!」

真奥・木崎「!?」

DQN1「いいじゃんか、そのおっぱい使ってさぁ」ケタケタ

DQN2「いいなそれ」ギャハハハ


木崎「お、お客さ」

真奥「木崎さんちょっと邪魔です」グイッ

木崎「え!?」

千穂「や、やめ・・・。真奥さん?」

DQNS「あ?なんだてめぇ?」ギロッ

真奥「お客様他のお客様にご迷惑ですので」ニコッ


DQN1「なんだやるのか?」ムナグラツカム

真奥「め・・どくせぇ」ボソッ

DQN1「あぁ?」

ボコッォ

DQN1「ワギャン!」ピクピク

真奥「他のお客様にご迷惑ですので・・・」

DQN2「な、な・・・」ガクブル

真奥「なああんた・・・」カタニテヲオク

DQN2「は、はい」ガクガクブルブル

真奥「お前も横のみたいになりたくなかったらさっさと消えろ」ボソッ


DQN2「は、はいさっさと消えます!」ビューン

DQN1「ま、まってくれぇ」ドタバタ

真奥「あぁやっちまった・・・」

千穂「ま、真奥さん」プルプル

真奥「あぁん?」

千穂「あ、ありがとうございます///」

真奥「悪かったな騒ぎおこしちまって、ところで木崎さん俺クビっすかね?」

木崎「こ、この場では決められないから・・・その」

真奥「まあイイっすよ決まったら教えてください」テクテク

千穂(ちょっとカッコイイかも///)


バイト後

真奥「あぁあ、また新しいバイトさがさねぇとなぁ」

恵美「ねぇあなた・・・」

真奥「ん?ああ昼間の」

恵美「その節はよくも傘で殴ってくれたわね・・・」

真奥「あぁいきなりで悪かったな」ケタケタ

恵美「別にいいわそんなこと」

真奥「あん?」


恵美「今日あなたのバイト先に行ったわ・・・」

真奥「へえ・・・気づかなかったなあ」

恵美「店の中には入らなかったもの、危険だと思ったし」

真奥「・・・」

恵美「魔力までつかってバイト仲間を助けたの?それとも憂さ晴らし?」

真奥「どっちだろうな・・・」ニヤッ


恵美「魔王サタン!覚悟なさい!」ナイフキラッ

真奥「あれ?それ100均のやつじゃね?」

恵美「えっ///」

真奥「なになに?聖剣使っても倒せなかったこの俺をそんなナイフで倒せるの思ってんの?」

恵美「うるさい!今のあんたなんか欠片も魔力を感じないただの人間と同じじゃない!」

真奥「さーて、どうかなぁ?」クイクイ


恵美「死ね!魔王!」ダッ

真奥「あぁあ、まったく女の顔を殴る趣味は無いんだけどなぁ」

バギッ

恵美「え!?」

ドサッ

恵美「イッッ!」

真奥「おいおい、意気込んで殺しにきてその程度かよ」ハァ

恵美「まだ、まだよ!」ハーハー


真奥「結局世界を超えてもやってることは同じなんだな・・・」

警察官「おいそこの二人何やってる!」

真奥「やべっ!」ダッシュ

恵美「あ、待ちなさい!」ダッ

・・・

恵美「ハーッハーッ。ぜ、絶対に逃がさハーッない」ゼーゼー

真奥「お前もがんばるねぇ」


恵美「諦めるわけにはいかないのよ!」

真奥「はぁ・・・なに?マタ殴られたいのか?」

恵美「それは・・・」ズキズキ

真奥「・・・今日は帰れ。明日はバイト早いんだ」

恵美「なによ!逃げる気!」

真奥「逃げねぇよ。つーか自分より弱い奴に狙われて逃げる奴なんかいねぇよ」

恵美「ぐっ・・・///」


真奥「じゃあまたな」ヒラヒラ

恵美「遊佐恵美よ!」

真奥「ん?」

恵美「こっちでの名前よ!」

真奥「ふーん・・・単純」ケラケラ

恵美「なっ///」ワナワナ

真奥「真奥貞夫だ。殴ったところ湿布とか貼っておけよー」

恵美「なによ・・・自分で殴ったくせに///」


次の日

梨香「!?どうしたの恵美そのほっぺた!」ダッ

恵美「ちょっとね・・・」ハハ

梨香「完全に殴られた痕じゃない!誰にやられたの!?」

恵美「大丈夫、大丈夫だから・・・」

梨香「まさかDVとか・・・?」オソルオソル


恵美「そんなんじゃないから」ハハハ

梨香「ほんとに?脅されてるとかじゃないの?」

恵美「ほんと大丈夫だから」

梨香「・・・わかった。でも何かあったら教えてね」ギュツ

恵美「・・・うん」


真奥「らっしゃいませー」ダルー

恵美「話があるの、バイトが終わったら昨日の交差点で」

真奥「・・・ご注文は?」

恵美「・・・ビッグマグロバーガーセット」ボソッ

真奥「かしこまりました」

恵美「待ってるから」クルンテクテク

ウィーン アルリガトウゴザイマシター


千穂「なんか変わった人って言うか、すごい思い詰めたような顔してましたねぇ」

真奥「まあ色々思うことがあるんだろ?」

千穂「まさか!彼女さんですか!」

真奥「はぁ?」ギロリ

千穂「い、いえなんでもありません・・・」

千穂(やっぱ怖いなぁ、でもかっこいいのかな?///)

木崎「まーくんちょっといい?」

真奥「まーくん?」キョトン


千穂「店長さんは自分が認めた人はあだ名で呼ぶんです、よかったですね!」ニコッ

真奥「・・・なんでだ?」

木崎「君の処遇について決定した」

真奥「まあクビですよね?」

木崎「いや、これからもここのクルーとして働いてくれ!」

真奥「え?」

木崎「みんなから要望があったんだ。まーくんを辞めさせないでくれって」

真奥「なんで?」キョトン

木崎「みんな君の事を見てるってことさ」

真奥「そうっすか・・・」


交差点

恵美「来たわね・・・」

真奥「ああ・・・」

恵美「どうしたの?」

真奥「いや、バイトクビになると思ったんだが・・・」

恵美「ああ昨日客を殴ってたしね」

真奥「なぜかクルーの要望で辞めなくてよくなった」

恵美「はぁ?」


真奥「わけわかんねぇよ・・・」ボケー

恵美「そうね、わけわかんないわね」

真奥「??」

恵美「ねぇエンテ・イスラに戻らないって約束して!」

真奥「なんで?」

恵美「いいじゃない。あなたは今日、バイト先で仲間からの信頼を得たのよ?いいじゃない!そんな普通な人生でも!わざわざ他人の人生を踏みにじらなくても!」

真奥「わかってねぇなお前・・・」グイッ

恵美「痛っ!やめてよ髪引っ張らないで!」


真奥「断る!なあ恵美・・・俺は魔王だ。魔王は自分の好きなように振る舞う、それがたまたま誰かの共感を得たとしてもただの気紛れだ、分かるか?」グッ

恵美「っ!でも・・・」

真奥「でもじゃねぇよ」デコピン

恵美「痛ッ!」デコヒリヒリ

真奥「!!」

恵美「どうしたの?」デコサスサス

真奥「伏せろ恵美・・・」バッ

恵美「え?」

バキュンバキュンバキュン


真奥「チッ、デュラハン号が」

恵美「ちょ、ちょっと・・・///」

真奥「なんだ?」

恵美「今の格好・・・恥ずかしい///」

真奥「は?何盛ってんだ?」ゴツン

恵美「いたっ!いちいち殴らないでよ!///」

真奥「はいはい、とりあえず逃げるぞ」

恵美「言われなくても!」


真奥「まあここまでこれば安全だな一目もあるし」

恵美「・・・」ゼーハーゼーハー

真奥「おーい恵美大丈夫かー?」ペシペシ

恵美「い・・ち、いち叩かないで・・・あん、たみたいに体力バカじゃないの」ハーッハーッ

真奥「そうかい・・・まあしかし俺たちを狙うなんて命知らずだな・・・」

恵美「そうね・・・それでどうするの?」

真奥「帰る!」

恵美「えっ!まだ襲撃があるかもしれないのに」

真奥「いや、一回失敗してその日のうちにってことはないだろう」

恵美「・・・私も帰るわ。でも忘れないで!あなたを狙ってるのは私も同じよ!」

真奥「はいはい」ヒラヒラ


真奥「で、なにしてんの?」

恵美「さ、財布を落としちゃって・・・・」

真奥「おまえアホじゃねぇの?」

恵美「うん」シュン

真奥「それで?」

恵美「あの・・・よければ今日泊めて貰えないかしら?///」

真奥「なあお前、それ襲ってくださいって言ってるようなもんだぞ?わかってんのか?」

恵美「はい・・・///」

真奥「しょうがねぇ・・・まあ胸無し勇者なんて襲う価値もねぇしな」


芦屋「勇者エミリア!?なぜここに!」

真奥「泊まるんだとさ、まあいいんじゃねぇの?今のこいつじゃ俺たち襲おうとしても逆にボコボコにされるのが見えてるしよ」

芦屋「まあ、そうですね」

真奥「まあドMならしらんがな」

恵美「違うわよ!」ドンッ

真奥「おい!」

恵美「な、何よ・・・」

真奥「泊めてやるってんだからさ、少しは迷惑とか考えろよ」

恵美「え?」


真奥「下に誰か住んでたらどうすんだ?」ハラパン

恵美「ゲホッ、ゲホッ・・・」ドサッ

真奥「おい、なんか言うことは?」

恵美「ご、ごめんなさい・・・///」

真奥「ふん、それでいい。毛布しかないからな枕が欲しければそこらへんの雑誌をつかえ」

恵美「うん・・・」

恵美(あっちょっと良い匂いがする///)


真奥「あとこれ1000円、始発の時間には帰れよ」

芦屋「魔王様が御下賜くださった1000円だ大事に使え」

恵美「分かったわよ!毛布ありがと!」

真奥「さっさと寝るぞ」

芦屋「はっ!」

恵美(なんか躾られてる感じ・・・どうしてこうなっちゃんだろ?)グスッ


朝 チュンチュン

真奥「・・・」スクッ

真奥「・・・あれ?」

恵美「・・・」スースー

真奥「おい恵美!」グリグリ

恵美「う、うーん」

真奥「起きろ、朝だぞ!」ゲシゲシ

恵美「け、蹴らないでよ・・・せっかく寝てたのに」


真奥「おい、一度家に帰ってから出勤するんじゃじゃなかったのか?」

恵美「つ、つい」エヘヘ

真奥「ついじゃねぇよ!」ゲシゲシ

恵美「だからいちいち蹴らないで!」

真奥「はぁ、もういいからさっさと起きろ!」ヤレヤレ

恵美「う、うん///」


ドコデモ

梨香「ねえ恵美・・・」

恵美「な、なに?」

梨香「昨日からまた傷増えてない?」

恵美「そ、そんなことないよ」アセアセ

梨香「ねえ恵美おねがい!さっさとそんなDV男と別れて!」



恵美「だから違うって」アセアセ

梨香「ホントに!?約束して、もう傷だらけにならないって!」

恵美「う、うん・・・努力する」

梨香「・・・やっぱr」

Prrrr

恵美「あっちょっと待ってね」

Pi

恵美「はい」

警察官「こちら代々木警察署のものですが・・・」

恵美「はい?」


警察署

真奥「デュラハン号から俺たちを割り出すとはやるな日本の警察」

芦屋「しかしよくエミリアが二十歳以上で戸籍登録してると分かりましたね」

真奥「まあそうじゃないと働きにくいしな」

芦屋「なるほど」

恵美「そういうことよ」

真奥「おう早かったな」

恵美「ええでもこれっきりにしてちょうだい!これはあくまで昨日の借りを返しただけだから!」

真奥「へいへい」


恵美「そ、それでさ今ちょうどお昼じゃない?///」

真奥「で?」

恵美「あ、お昼ご飯一緒にどうかなーって///」

真奥「ああ・・・悪いけどパス」

恵美「え!?・・・そう」ガーン

恵美(なんで私落ちこんでんだろ?フフおかしいな・・・)ウルッ

真奥「なんかバイトの後輩の子に誘われてるんだ、面倒だがな」

恵美「えぇ!?」

真奥「どうした?」

恵美「ううん・・・なんでもない」シュン


真奥「でもまあ・・・気まずいだけだしな。断ってお前と飯食うわ」

恵美「え!?」パァァ

真奥「もちろんお前の奢りだからな」

恵美「うん!もちろん!///何食べたい!?」

芦屋(ああ忘れられてるな・・・)


『わるいけど用事が出来たからまた今度な』

千穂「ふふ、用事・・・か」

ネェアレニシマショ

ナンカオマエハシャイデネェ?

ソンナコトナイワ

千穂「用事ねぇ・・・」

???「いいねぇすばらしい負の感情だ」

千穂「だれですか?」

???「君と同じくあの二人を憎むものさ」

千穂「そうですかお仲間ですね」

???「そうだ僕たちは仲間だ手を取り合ってあいつらに」

千穂「復讐を!」


恵美「ねえ美味しい?」ニコニコ

真奥「まあな」モグモグ

恵美「そっかぁ」エヘヘ

真奥「なににやけてんだ気持ち悪ぃ」

恵美「そんなこと・・・あるかも」エヘヘ

真奥「・・・」バシツ

恵美「痛っ!何するのよ!」

真奥「いや、なんかキモかったから」

恵美「ひどーい」キャイキャイ

真奥(な、なんか気色わるいな・・・なにがおこったんだ?)


ゴゴゴゴゴ

恵美「な、なに地震?」

真奥「でかいな・・・」

恵美「早く避難しないと!」アセアセ

バキューン

真奥「チッ、油断した・・・」ドサッ

恵美「ま、真奥?ねえ、ねえ!ねえってば!」

真奥「・・・」ドクドク

恵美「どうしよう血が止まらない・・・」サーッ

恵美「ねえ起きなさいよ!殴っても蹴ってもいいから!ねぇ!」ユサユサ


千穂「殴っても蹴ってもいい?それはお姉さんの望みじゃないんですかぁ?」

恵美「だ、だれ?」

千穂「そうですよねぇ、知らないですよねぇ私の事なんて・・・ふふふ」

恵美「あなた確かマグドで働いてた・・・」

千穂「そうです佐々木千穂です」

恵美「あなた・・・悪魔だったの?」

千穂「違いますよぉ。私は力を分けて貰っただけです。あなた達に復讐するための力を!」


恵美(どうしよう。魔王を助けたいけど聖法気じゃどうしようもならないし・・・)

ガンッ

恵美「え!?」ドサァ

恵美(な、なにが起こったの?何かで頭を殴られた・・・だめ視界が血で・・・)ドクドク

ルシフェル「まさかこんな簡単にいくとは思ってなかったよ」

恵美「るし・・・フェル?どうして?」ドクドク


恵美(ああこんな風に死ぬんだ・・・私・・・もっとしたいことあったのにな・・・)

サタン「なら生きろ」

恵美「えっ!?」

千穂「真奥さん・・・なの?」

ルシフェル「な、なんで魔王が・・・こ、殺したはずなのに」ガタガタブルブル

サタン「ふ、これだけ派手にやったんだ、恐怖が産まれて当然だろ?」

サタン「まあまずお前をぶっ殺す前に・・・」

ルシフェル「な、なんだよ・・・」


サタン「恵美・・・大丈夫か?」オヒメサマダッコ

恵美「なによ・・・いつもみたいに殴ってくれないの?」

サタン「それは元気になってからだ」

恵美「そう・・・ねえ寝てもいい?」

サタン「・・・ああ」

恵美「どうしたの?泣きそうよ?」フフ

サタン「そんなことはない・・・」」

恵美「ふふ・・・じゃあ・・・おや、すみ」

サタン「・・・」


サタン「さあ始めようか、ルシフェル・・・」

ルシフェル「・・・」ガクガクブルブル

千穂(その後のことはあまり憶えていない。すこし憶えて居るのは怒り狂った真奥さんが堕天使とハゲを圧倒的力でたたきのめしていたことだけ・・・でもそれは夢だったかもしれない・・・)




数日後

恵美「やっと退院できたわ」ハァ

梨香「でも驚いたわ、恵美が地下の崩落に巻き込まれて入院なんて」

恵美「そうね、でも軽い怪我でよかったわ」

梨香「軽い?どこが?まだ包帯だらけじゃない!」プンスカ

恵美「え、でもこれ位日常茶飯事だし」

梨香「・・・恵美やっぱりDV・・・」

恵美「ちがうわよ愛情表現!」

梨香「・・・だめだ、典型的ダメ女だ」


恵美「梨香は分かってないだけよ」フンス

梨香「ねえ恵美・・・こんど紹介してくれない?その彼氏」

恵美「彼氏だなんて///」

梨香「あぁもう手遅れかも・・・」

恵美「いいわ紹介する!梨香が思ってるよりずっとすてきなんだから!」


鈴乃「という感じになると思うんだが。どうだろう?」

恵美「5点」

漆原「5点」

鈴乃「みんな辛口だな・・・」

恵美「まあ千歩ほど譲って魔王が強いはいいとしても私変態過ぎるでしょ!」

漆原「今はやりのダメンズウォーカーってやつだね」

真奥「あいつら何話してるんだ?」

芦屋「もし仮に魔王さまが○○だったらーという仮定の話らしいです」

真奥「へー」

関連記事
はたらく魔王さま!(1) (電撃コミックス)
[ 2013年06月24日 21:14 ] カテゴリ:SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

新課程タク

Author:新課程タク
「はたらく魔王さま非公式情報局」は、

「はたらく魔王さま」を盛り上げるためのブログです。

相互リンク・相互RSSを希望される方は、

nao.highpear99あっとまーくgmail.com

まで連絡してください。

twitter
スポンサードリンク
漫画版(柊暁生先生作画)
はたらく魔王さま! (3) (電撃コミックス)はたらく魔王さま! (3) (電撃コミックス)
柊暁生 和ヶ原聡司

アスキー・メディアワークス 2013-05-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
はたらく魔王さま!(2) (電撃コミックス)はたらく魔王さま!(2) (電撃コミックス)
柊 暁生 和ヶ原 聡司 029

アスキー・メディアワークス 2013-04-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
はたらく魔王さま!(1) (電撃コミックス)はたらく魔王さま!(1) (電撃コミックス)
柊 暁生 和ヶ原 聡司 029

アスキー・メディアワークス 2013-04-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ライトノベル(原作)
はたらく魔王さま! 文庫 1-8巻セット (電撃文庫) 電撃文庫 MAGAZINE (マガジン) 2013年 05月号 [雑誌] はたらく魔王さま! (8) (電撃文庫) はたらく魔王さま! 7 (電撃文庫) はたらく魔王さま! 6 (電撃文庫) はたらく魔王さま! 5 (電撃文庫 わ 6-5) はたらく魔王さま!〈4〉 (電撃文庫) はたらく魔王さま!〈3〉 (電撃文庫) はたらく魔王さま!〈2〉 (電撃文庫)
ハイスクール(三嶋くろね先生作画)
はたらく魔王さま! ハイスクール! (2) (電撃コミックスEX)はたらく魔王さま! ハイスクール! (2) (電撃コミックスEX)
三嶋くろね 和ヶ原聡司

アスキー・メディアワークス 2013-05-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
はたらく魔王さま! ハイスクール! (1) (電撃コミックスEX)はたらく魔王さま! ハイスクール! (1) (電撃コミックスEX)
和ヶ原 聡司 三嶋 くろね

アスキー・メディアワークス 2013-01-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。